セクシーな女性

抑圧する事で日本の風俗は更に発展を見せるだろう

下着姿の女性

悔やんでも悔やみきれないという事が人生にはあるが、漫画家である江川達也もそんな経験をした1人である。彼はイメヘルが流行るずっと前から、将来的にイメクラ的な内容の風俗が流行るだろうと予想していたのである。それから暫く経った後、実際に繁盛してしまったので、俺が先だったのに!となってしまったのだ。
江川氏曰く、エロとは抑圧の結果生まれる物なのだそうだ。つまり、してはいけないと言われているから、逆にしたくなるのである。電車内で女子高生のお尻を触るとか、学校の教室内で教師とセックスする等、世間的にはタブーとされている行いが多くある。
現実世界ではそれを解消できないので、その代用としての風俗が絶対に出てくるだろうという事だったのだ。彼は漫画家として大成している事もあり、その発言内容には極めて高い説得力が感じられる。これと同じ事を私が言った所で、あぁそうですかとしか反応されないだろう。あの江川氏が言うからこそなのである。
風俗店も、もっと抑圧を取り入れてみてはどうか。直ぐに裸にならない事を売りにするのも良いだろう。皆が裸になれば、それが当たり前だから価値が生まれません。いつも脱がない人を脱がすから、興奮度も高くなるのです。