セクシーな女性

相手の不快な事はしない、そんな当たり前の事を心がけよう

眼鏡の女性

私は若い頃、年上の女性に非常に受けが良い時期がありました。当時の私は20代前半だったのですが、ネットのある出会い系サイトを通して、何度もいろんな人と出会って楽しい時間を過ごしていました。相手は会社員の女性もいれば風俗で働いている女性もいました。大阪の風俗で働いている女性は、見た目が綺麗な上にお金をおごってくれる場合も非常に高く、こちらとしては二重に楽しい時間を過ごさせてもらったように思います。
ただし、彼女とのやり取りを通して感じさせられたのは、彼女が非常に強いストレスに苛まれているのだろうということでした。八つ当たりとまではいきませんが、自棄酒に付き合うことも少なくなかったですし、激しいプレイを求められることも度々ありました。
仕事のことは仕事の外に持ち出さないという鉄則を守って、彼女は風俗嬢として働いているときの話しはほとんどしませんでした。良いこともあれば嫌なこともあったようです。風俗業界自体に関するストレスは既に慣れており、その日に当たるお客さんからの影響のほうが大きかったようです。
1サービス業として、彼女はプライドを持ってやっていたように外から見ていて感じさせられました。
今ではもう関係は持っていませんし、私自身大阪の風俗を利用することはありますが、お互い気持ちよく過ごすために、相手の不快なことはしないよう心がけています。